Author Archive

今回のインドの旅のもう1つの目的 それは、私たちのヴィパッサナー瞑想グループの50周年記念をお祝いすることです ムンバイの気候は南インドとは一変し、モンスーンの豪雨が続いていました 10年ぶりという集中豪雨がやってきて、 […]

明け方 孔雀たちの合唱で目を覚ますとき、 ”あぁ、インドに来ているなぁ”と実感する、朝の幸せなひとときです アルナーチャラの丘は、今回もやさしく両腕を広げて、わたしを受け容れてくださいました 今年もインドには熱波がやって […]

気がつけば、1年の半分ほどを国外の瞑想センターで過ごすことが日常となっているこの頃 これまで数々の国を訪問するなかで、はかり知れない恩恵をいただいてきました 言い尽くせない感謝の気持ちに動かされ、今年からお礼参りをするよ […]

5月の新月 汗ばむほどの晴天と新緑のまぶしい1日に、ミャンマー出身の尼僧さまを六甲にお招きして、瞑想会と法話会を行いました ミャンマーのインジンビン僧院に滞在した折、たいへんお世話になったマンダラ副僧院長を日本へお迎えを […]

恒例の瞑想コースに参加するため、今年はタイを訪れました ミャンマーと同じくテーラワーダの仏教国でありながら、その発展はすこし様相が異なっています 隣国どうし仲が悪いのはよく聞く話しですが、この両国も残念ながら争いの歴史を […]

3ヶ月にわたる雨安居明け 乾季の始まるミャンマーの秋は、満月のお祭りで彩られます ブッダの時代 彼の秘書をつとめていた従兄弟のアーナンダがブッダと交わした、たいへん有名なスッタ(経典)が残っています  ”善い友と出会うこ […]

南半球では先住マオリのお正月である冬至を迎え、今年は新月とも重なって、新鮮なスタートを感じるにふさわしい好機を迎えていました 毎年の恒例となっているニュージーランドの瞑想センターでボランティアの日々を送りながら、オフの日 […]

季節はずれの暖かな冬至雨が降る午後 今年も、来る年をお祝いする集いを開きました いつものように皆で坐り心の安寧を分かちあい、パーティーのスタートです 今年もまた、モダナークファームカフェさんのベジタリアンケータリングにお […]

待望の秋晴れが続いた4日間 今年も、穂高安曇野の森にかえってきました 地球に近接する満月、そして今年の閉園へと近づく穂高養生園のエナジーは、その高まりも全開で、想像をはるかに超える浄らかさに満ち満ちていました あまりに純 […]

エタニティにつどってくださる方々が、気がつけば最近はずいぶんとヴィパッサナー瞑想者の方々であることが多くなってきたように感じています 自然と、宇宙の深淵な叡智に触れる機会となり、ブッダの教えについての分かちあいは、いつも […]