Archive for the ‘open circle’ Category

台風一過の梅雨の晴れ間がのぞく午後、オープンサークルを開きました 私たちが、内なる本当のわたしに気づきはじめる時、人生はゆっくりと静寂のほうへと舵をとりはじめます 日常のどんな瞬間にも、本当のわたしと生きることが人生のメ […]

今月は、六甲ではじめてのオープンサークルを開きました これまで皆さんと分かちあってきたものが、この山すそで、また新たに展開されてゆく喜びを実感するひとときとなりました 今という瞬間の中に、心と体、まるごと飛び込んでゆくこ […]

”これが私だ!”という個の感覚は、どれだけのワクワクと興奮を私たちへ届けてくれていたでしょうか ”私が躍動している””私が創造している””私、私、私…”と そんな言葉で言い尽すことのできないエキサイティングな体験も、ただ […]

この新月では、世界の重苦しさを感じて体のだるさや気持ちの落ち込みが起こり、困惑が体験される集いでした 私たちは長い習慣の中で、自分の体で受けとめた感覚を、本当のわたしのものと勘ちがいし続けます 動揺が起こるのは、”私とは […]

中秋の満月、そして太陽の分岐点である春分秋分が近づく日に、オープンサークルを開きました 日本の皆さんには2ヶ月ほど夏休みをいただいていましたが、その間もそれぞれの日常の中で、新しい気づきが生まれ有意義に過ごされていたとの […]

今月はニュージーランド在住の日本の方々と集い、新月の日にオープンサークルを開きました 願望を引き寄せる… という言葉に時おり出会いますが、私たちの心と体は磁石そのもの 常にものごとを引き寄せたり、反発して遠ざけたりしてい […]

  We gathered with local people in Kerikeri of New Zealand and held the first open circle this month.   This f […]

何千年と続いてきた物語が、ゆっくりと静かに、終わりを迎えようとしているのでしょうか 私たちが真実と向き合うと決めるとき、そこには、たった1人の想いだけが存在しているのではなく、数えきれない人たちの物語が背景にあることを、 […]

真実について、ブッダは「無」と言い、ラマナは「在」と表現しました どちらも正解であり、またどちらも、正確にはすべてを言い表わせていないでしょう 言葉や知的な解釈では、とうてい不可能なこと それは私たち1人1人が、自分自身 […]

私は今ニュージーランドの北島、ベイオブアイランズとよばれるエリアのケリケリという町の郊外にいます キリスト教の祝日、イースターホリデーの初日のグッドフライデーにこの地にやってきました キリストの死と復活へ想いを寄せながら […]